症状解説/腰・股関節・臀部

シェアする

 症状解説/カテゴリー:腰・股関節・臀部 

項目 腰の椎間板ヘルニア 慢性腰痛の正体

●『普段から腰への負担が大きい状態』 腰の椎間板ヘルニア

ヘルニアとは、“飛び出す”とか“飛び出る”といった意味です。
椎間板とは、背骨と背骨の間に挟まってるクッションのことです。

背骨に対して上下から強い圧迫がかかると、クッションの核になってる真ん中のもの(髄核といいます)が、「ぷちっ」とクッション(椎間板)の外に飛び出てしまいます。この状態を、『椎間板ヘルニア』といいます。
【腰椎椎間板ヘルニアに対するの最近の見解】

ヘルニアというと、問答無用で腰痛や足のしびれが出ると思われがちですが、、、飛び出たモノ(髄核)の方向によっては、症状が出ないこともあります!

『ヘルニアは痛い、この痛みからは逃れられない、だって神経を圧迫してるから・・・』

と思ってる方が多いのですが、必ずしもそうではありません。

神経の圧迫さえなければ、ヘルニアと言えど無症状だし、飛び出たヘルニアも、小さいモノであれば体に自然に吸収されてしまうのだそうです。

で、改めてヘルニアの症状ですが・・・
・飛び出た髄核が神経を圧迫すると、感覚の麻痺が起こります。感覚が無くなったり、足が思うように動かなくなったりします。
ひどい圧迫になると、「おしっこが出にくい」など、排尿困難になり、さらに進むと「トイレが近い」とか「漏れそう」という感覚が無くなります(膀胱直腸障害といいます)。こうなったら、手術で除去が第一選択のようです・・・。

海外では、
神経繊維はそもそも圧迫刺激にとても強く、『ヘルニアによって痛みや痺れは出ない』との見解が、一般化してきています。

加茂整形外科医院の加茂淳先生のHPが参考になります。

【じゃ、この痛みは何なの?】
実は痛みや痺れのほとんどは、筋肉の痙攣や攣れ、凝り、こわばりが原因と言われ始めています。

医学の“常識”は、検査機器などの日々の進化によってどんどん覆ります。

腰痛のメカニズムについても、まだまだ解明されていないところがあり、断言できない部分もありますが、現在考えられているヘルニアの症状は、麻痺が起こるのみ、だそうです。

【どんな人がなりやすい?】

どんな人にも起こり得るものですが、
・重い荷物を運び、移動させる などの作業中に発症しやすい。
・激しい運動をされている方(急な方向転換やジャンプ~着地が多いなど)。
という傾向は、あります。
一般的には、部活動などで活発に動く十代に多くみられます。
あとは、ふとした拍子に発症します(くしゃみ、咳など)。

【どんな時に強く出るの?どうしてこうなった?】

ヘルニアは、痛が継続して起きた、『単なる結果』

という見解です。

【どうすればいいの?予防・セルフケアは?】

腰周りの筋肉のこわばり、緊張、凝りをほぐすことが大事です。
胃腸症状も腰痛と非常に関連が深いので、おなかの調子を整えることも大事です。

→症状解説のトップに戻る