症状解説/その他

シェアする

 症状解説/カテゴリー:その他 

項目 ブロック注射について 湿布について 筋肉痛と乳酸 線維筋痛症

● ブロック注射について

効かないと効いた、とか、
副作用があるんじゃないか、とか、
癖になるんじゃないか、とか・・・という問いもたまにあります。

正直、効きます。痛み減ります。何せ麻酔ですから(笑)。
副作用、ほぼ無いと思います。
癖になりません。麻酔であって、麻薬ではないので(笑)。

ただし!どの世界でも言えることですが、

熟練したペインクリニックの先生が、
患者さんの体の状況に応じて、
注射する部位と
麻酔の種類と量をキチッと適宜決められれば、

という前提ありきです。これはもう、鍼灸あマ指においてもまったく同じですね。

「でも、その場しのぎで、治らないんでしょう…?」

という問いもありますが…、
そもそも「取り敢えずこの耐え難い痛みを除く!」というのが神経ブロック注射の主目的なので…( ̄_ ̄ i)

何より痛みは不安感を煽りますし、長く続くと精神的に参っちゃうので、選択肢の一つとして、私はアリかなと思っています

「ブロック注射したら治った!以降ぜんぜん痛みが出なくなった!」という話も何度か聞いたことがあります。

・阻害された神経への血流が、注射した筋弛緩剤をきっかけに改善されるんじゃないか、とか。
・交感神経をブロックすれば、筋緊張は緩和されて発痛物質は減るんじゃないか、とか。
・という事が起これば、良い「治癒」への循環が始まるんじゃないか、とか。
という上記の理屈は、私の推測ですがσ(^_^;)

ひどい手の痺れと痛みの患者さんにブロック注射したら、何だか良いところに当たっちゃって(笑)、痛みどころか肩こりや首の痛みまで治っちゃった事をきっかけに、鍼灸の勉強を始めた、という整形外科の先生も世の中にいます。

ブロック注射をきっかけに治癒への循環が始まるってことも、たまにあるんじゃないかな、と思います。
これを狙って出来るクリニックの先生なら、鍼灸に転向しても良い先生になれるんでしょうね(*^o^*)

私も徒手療法家の矜持がありますので(笑)全面的に奨励はしませんが、ブロック注射も「場合によってはまあ、アリかもな。」というスタンスでございます:*

→症状解説のトップに戻る