症状解説/その他:線維筋痛症

シェアする

 症状解説/カテゴリー:その他 

項目 ブロック注射について 湿布について 筋肉痛と乳酸 線維筋痛症

● 線維筋痛症

ちょっと前までは

「何ソレ?」

というお医者さんも多かったと聞きますが、最近ぐっとメジャー感が増してきた

線維筋痛症(せんいきんつうしょう

について。

【症状】

筋肉や関節が痛みます。痛みは軽度のものから、耐え難いほどの激痛までさまざまで、全身の場合もあるし、局所の場合もあります。

ほんのちょっとの刺激で激痛が走るようで、日常生活が普通に送れなくなります。

随伴症状もあります。出方はさまざま人それぞれ。

全身の疲労感、倦怠感、痛みに伴って睡眠障害→自律神経失調→集中力欠如→記憶障害など。
こわばり感、過敏性腸炎、頭痛。
リウマチなどの膠原病を併発することもあるそうです。

女性に多く発症します。年齢は30~50代くらいが多いそうです。

【原因】

分かっていません。
検査をしても異常を見つけられないのです・・・。

加えて、上記のように症状が多岐に渡るため、いろんな医療機関を渡り歩いた挙句、

「気のせいじゃない?」

と、心無い言葉をかけられ、途方にくれる・・・ということが以前はよくあったそうです。これはつらい・・・。

事故、手術、肉体的・精神的ストレスなどが引き金になって発症するのでは、という説もあります。

最近では、どうやら中枢神経系(脳や脊髄)の異常によって、痛みに関する“誤作動”が発生してるのではないか?と言われてきています。

もうひとつ衝撃的な報告もあります。

2009年以降に線維筋痛症を発症した10代(そもそも10代で発症するのが稀!)の8割が、子宮頸がんワクチンを接種していた

という・・・。
ソースは日本線維筋痛症学会作成のこれ。→子宮頸がんワクチンについて考える

線維筋痛症と、ワクチン接種後の副反応は同じものなのか、それともまったくの別物なのか・・・。今のところ判断しかねます。

今後の研究を注視していきたいと思います。

【正体不明の病気のため、診断基準もモヤッとしています】

・3ヶ月以上続く広範囲の疼痛
・定められた体の18ヶ所を約4㎏の強さで圧してみて、11ヶ所以上に圧痛(圧して痛い)を認める

ただ、この他覚所見として挙げられてる、

「18箇所のポイント」

というのが、大概の人(健常者)が圧痛を感じる場所なんですよね・・・(・_・;)
コレを線維筋痛症特有のものとするのには、ちょっと信頼性に欠けるのでは?とも思います・・・。

3ヶ月以上続く、広い範囲での疼痛
と、
膠原病や関節疾患などの、他の疾患の除外診断(検査での異常なし、という診断)

に加えて、

正確な触診・問診技術

が、ポイントになってくるのではないでしょうか。

症状をいろいろ総合して判断しなければならないので、お医者さんにとっても、診断を下すのが難しいということが分かります。

【治療】

治療法や特効薬は残念ながらまだ確立されていません。
普通の痛み止めでは効果が無い、というのもこの病の特徴です。
神経痛に作用する痛み止めとして、プレガバリン(商品名:リリカ)というのがありますが、人によっては副作用もあるようです。用法・用量には細心の注意が必要です。

一日も早く、この疾患の原因究明が進み、根本的な解決策が見つかることを祈ります。

私たちがやること、やれることは、常に変わらず。

低くなりすぎた痛みの閾値を上げる
脳や脊髄(中枢神経系)の血流を改善する
緊張・興奮状態を鎮静化する
呼吸の正常化

など。

少しでも、今ある痛みを軽減できれば幸いです。

→症状解説のトップに戻る