症状解説/その他:筋肉痛と乳酸

シェアする

 症状解説/カテゴリー:その他 

項目 ブロック注射について 湿布について 筋肉痛と乳酸 線維筋痛症

● 筋肉痛と乳酸

一昔前は、筋肉痛や、こりなどがある時に

「肩こりがひどい~。乳酸が溜まってるんだろうな~。

「筋トレして筋肉痛~。乳酸が溜まった~。

などとよく言ってたものです。
施術者の説明にも、

「血液の循環が滞って筋肉の中に乳酸などの老廃物が溜まって云々・・・

「凝りの原因は乳酸などの代謝産物が云々・・・

みたいなのが、けっこうあったと思うんです。以前はそれが当たり前でしたから。
(最近は無いと思いますが。)

今まで不当に悪者扱いされてきた乳酸ですが、実は体にとって無くてはならない、良いヤツということが分かってきました。

筋肉は働く上で糖を使います。その途中で出来るものが乳酸。

無酸素運動などで速筋線維が働くと乳酸ができて、この乳酸を遅筋線維や心筋線維がエネルギー源として再利用します。
ほかにも体のいろんな代謝過程で重要な仲介役をしています。

身体のほぼすべての代謝機能のエネルギー源となっているとも言われています。

糖が木だとすれば、乳酸は木炭みたいなもの

という例えを物理学者でマッサージセラピストのナントカという人がどこかに書いてました。
(すみません、どこで見たか覚えてません( ̄ー ̄;)

「赤く燃える炭火」のようにずっとじっくり燃える、という意味でしょうね。
持続的に使われる遅筋繊維や心筋繊維でエネルギー源になるそうです。

筋肉痛の正式名称は、遅発性筋肉痛(Delayed Onset Muscle Soreness)といい、痛みの原因は

筋繊維の微小断裂
筋膜、侵害受容器の炎症

など と言われています。

マッサージやその他の徒手療法などによって、筋肉痛を25~50%は軽減できるという研究報告もあります。

が、西洋医学的見解では

「疲労回復を促進するとの結論にはまだ不十分」

とされ、認められてはいません( ̄□ ̄;)

手技を数値化して正確なエビデンスを出すのが、現代科学では難しいし、施術者(技術)によってまちまちだから、だと思うんですけどね・・・。

でも我々は、「人の手は、けっこうすごい事が出来る」 と経験的に知っています。

マッサージやその他の徒手療法によって、アスリートが疲労回復に努めるシーンは、昔から現在までずっと変わらずに見られる光景ですしね(・∀・)

乳酸に対する誤った認識同様、そのうち科学が鍼や整体の不思議に追いつくでしょう(笑)。

ちなみに、乳酸が体に良いなら、乳酸菌を摂る というのも、ビミョーに違いますから!

乳酸菌は、糖類をエサにして乳酸に変える菌類の総称です。筋肉痛に直接効くわけじゃありません。

でも体に良いのは間違い無いので、摂っても良いです(笑)。

→症状解説のトップに戻る