セルフケア・夫婦がうまくいくためには

シェアする

夫婦がうまくいくためには【お互い様 編】

この記事のテーマが、「セルフケア」にあたるのかという声が聞こえてくるかと思いますが、夫婦がうまくいくためには家の中のことで病んでくる事例がとても多いことを考えると、りっぱに当てはまると思ってます。
こんなの当たり前じゃん?って方もいるだろうなあというのと、あ・・・やってるオレ・・・って方も結構いるかもなというのと。
うちのオヤジに幼少期から言われてきたことなんでもう染み付いてはいたんですけど、これやっちゃうと決定打になって、ほっといて連打される(する)と完全にコールドゲームで即試合終了になります・・・(笑)
それは相手の親兄弟の批判をしないこと。
それがどんなに「どうしようもない」人間であっても。
どうしようもないってのもこっちの価値観ですからアレですけど、社会的に人道的に・・・であってもです。
うちの母親の父親、つまりじいさんは大工で都会に出稼ぎに行って酒に女に賭け事、やりたい放題だったんですが、母親が散々じいさんの悪口言って親ともなんとも思ってない!とか言うので、オヤジがそれに便乗して「まったくそのとおり!」とか言うと「そこまで言わなくてもいいんじゃないの?・・・」的なリアクションをする。
・・・どないやねんなと・・・(笑)
どんな親でもどんな兄弟でも親で兄弟。
肉親のことを他人に言われるのは腹立つのが人情。
これまだ夫婦だから初期に修正すればなんとかなりますが、全くの他人になると一発逆転サヨナラホームランになる可能性が高い。
こんなの患者さんにやったら・・・もうお付き合いは終わりだと思ってください(笑)
男はやりがちなんですけどね・・・
「理屈」で考えるから・・・

夫婦がうまくいくためには【奥様 編】

男はね、基本的にバカで弱い生き物ですから、励ましてあげないと死んじゃうしイヤンなっちゃうんですね(笑)
だからクソつまんないことでも「アナタさすがね!!!」って言ってあげることです。
背が高いダンナに高いところのお皿を取ってもらったら
「さすがね!!!」
奥さんが見たいと言ってた番組の予約を忘れてたのをダンナが入れてくれてたら
「さすがね!!!」
散らかしグセのあるダンナが気づいて自ら片付け始めたら
「さすがね!!!」・・・そうです。 ちーーーーーっともまーーーーったく、「さすが」ではありません・・・(笑)でもそう言ってあげる。
たいていダンナは
「・・・こんなつまんないことで・・・さすがとかじゃねーだろ・・・」
とか言って仏頂面してますが、内心は嬉しくて仕方ありません(笑)そしてまた、大変なことがあったり、落ち込むようなことがあっても、それを奥さんに言うのが怖くて仕方ないのが男です。
男は果てしなくヘタレなのです。
男らしく見せてはいますが、しょせんヘタレなのです。
そこで奥さんがそれを聞いた時にあっさりと
「あ、そうなの?ふーん」
とか言うとビックラする。
何か言われないんだ・・・とか思ってビックラする。
そこで
「ちょうどよかったじゃん、じゃあせっかくだからやりたがってたアレやればいいじゃない。またがんばればそれでいいんじゃない?」
とか言ってトドメを刺すと男はメチャメチャ復活するわけです。
逆にやる気になるわけです。
バカだし弱いから(笑)
これ「あげまん」の本質ではないかと。まあでもここで奮起しないような男なら別れたほうがいいかもしれませんが・・・(笑)
特性をね
理解して
相手をよく見て
円満な夫婦関係を築いていただきたいと思いますね。
そうすれば肩こり腰痛の半分は勝手に治ります(笑)

夫婦がうまくいくためには【旦那様 編】

仕事してると患者さんの愚痴とかもよく聞きます。

わたしはよく 「ああなんか先生にこんなことまでしゃべっちゃった・・・」
と言われることが多いので多分聴き上手なんでしょうそうでしょう(自画自賛(笑))
ご夫婦で、特に奥さんが自分のストレスについてダンナさんに愚痴ると、ダンナはここぞとばかりに
「それはさーお前がうまく動けてないし言い方が悪いんだよ、だってそういう背景ならそこはそうじゃないし、こうした方が解決するんじゃないの???」
とか言っちゃうわけです。
言ってしまうわけです。
しかし
残念ながら、女性はそんなこたー
どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーでもいい
んです。
「そーかそーかーそりゃー大変だったなー頑張ったなーウンウンそーかそーかーウンウン」
つって頭のひとつもなでて欲しいわけです。
これ結構わかってないダンナが多い!!!
・・・ですよね?って言うと、もう皆さん口を揃えて
そーーーーー!!!!
そーーーなんですよーーー!!!
なんっっっにもわかってないんです!!!
とかおっしゃる(笑)
喧嘩したあととかもダンナはグダグダどっちが悪かったとか悪くなかったとか検証とかしてないで(けっこうやってしまう(笑))、黙ってぐっと抱き寄せればいいんです。
それで終わりです。
ケンカを終わらせるために・・・ではなくて、女性が甘えたい時は甘えさせられるのは基本的に男性しかいませんから。
そういうことわかった上で相手をよく見ないとダメなんじゃないかなと。 思うわけです。
男はすぐに問題解決したがるけど
女は癒されたらまたやっていける

▶セルフケア一覧に戻る