セルフケア・骨の正確な位置を知るだけで体の動きは変わる

シェアする

骨の正確な位置を知るだけで体の動きは変わる

最近あらためてクライアントさんに表題の質問をします。

「背骨って体の前と後ろとどっちにあると思います?」
「・・・背骨・・・ですからうしろ・・・というか・・・背中・・・です・・・が・・・」

たまに
コイツ何をいまさらたわけたことぬかしてんのか
といった目で見られますが(笑)、まあ首の骨も背骨の一部ですが、結構認識が違っていることが多かったりする。

「じゃあ首の骨はどこ?」
「首は・・・のど仏とかあるんで前・・・じゃないスカ?」

という具合。

そういう感覚で日々自分の体を認識している
ということになります。
じゃあそのまま首を左右にひねる。
体全体を左右にひねる。
今現在の自分の体の動き方はそんな感じ。

「実はね、どっちも真ん中です」
「え!そうなの?」

背骨の構造

これ見るとわかるしネットで脊柱のレントゲン画像見てみるとよりわかります。
背中を触ってあるのは背骨の「突起」であって、「荷重がかかっている骨ではない」わけです。
背骨の芯、というか荷重を支える椎体というところは突起の前のだるま落としのコマみたいな部分。

なので事実上の「背骨」と呼ばれるところは思ってるよりずっと体の真ん中近くに位置している。

「わかりました?」
「へーそうなんですねー!」
「じゃあそういう認識ができたということで、もう一度首と体回してみてください」
「・・・・・・!」
「・・・わかります?(笑)」
「さっきより楽に動きます!」

自分の体の大事な部分が実際どこに位置しているのか?
マッピング(位置認識)できているのとできていないのでは体の動きは変わってくる。
これは内臓にしてもほかの部位に対しても言えることです。
われわれのような仕事をしている者でもイメージを勘違いしていることが意外に多い。
調べてみてその前とその後で体を動かしてみると面白いですよ?

▶セルフケア一覧に戻る