本年29日までで年明けは5日からですが

どもコイケタロウです。

表題の通り、当院は冬期休暇をいただきますが、最終週の今週、常連さんもご新規さんも駆け込みがあったり通常通りのスパンでご来院だったり、そして年末のあわただしさや笑いや喜びもいろいろです。

2週ごとにご夫婦と小さいお子さんでいらっしゃる10年来のクライアントさん。

お子さんいない時からきてくれてますが、いつも最初は旦那さんから施術。

その最中にお子さんと奥さんがさきほど買ってきたカードゲームで遊び始めましたが、どうやらお母さんが続けて勝ってしまってそれが彼女が相当面白くなかったらしく、だんだんぐずり始めとうとう泣き出し始めました。

そっからはもう怒涛の怒りと八つ当たりタイム開始・・・(笑)

ワンワン泣きながら

「もうお母さんと一緒に暮らしたくない~!!」

「一生一緒にゲームやりたくない~!!」

そしてお父さんの施術が終わってお母さんと入れ替わったんですがワンワン泣きながら何も悪くないお父さんに、

「お父さんとも暮らしたくない~!!」(お父さんは・・悪くないよね・・)

「ぶっとばす!!お父さんぶっとばす!!お父さん窓からぶっとばす!!」(意味不明だが面白い 笑)

「お父さんなんか死んで!!」(おおー・・汗)

そして挙句の果てに・・・

「お父さんの腕時計を外国人にあげてくる!!」(爆笑)

自分も子供のころ経験ありますが、1回泣き始めると止めたくてもなかなか止まんないことありますね。

まあこれだけ悪態ついて泣きさけべば大抵のストレスはその場で収まります。

実際やっと泣き止んだと思ったら施術中のお母さんの上に乗っかってきて甘えだして帰るときにはケラケラ笑ってましたので(笑)

大人がねーこれが出来たらねーもっといい社会になるんじゃないかなと思うんですけど。

芸能人の不倫の記事に気持ち悪いぐらい執着してツイッターのタイムラインそればっかみたいな病んだ状態にはならないと思うんですけどねぇ・・・

今年は年賀状ではなく、移転したことと従姉妹や叔父をなくしたこともあり年内にご挨拶のはがきを出しました。

六本木~麻布十番~高田馬場と動いても変わらず来ていただいている方々、本年度に初めてご縁があってお会いした方々、本当に感謝です。

しばらくご来院いただいてない方でも便りだけでお付き合いがある方にも同じご挨拶を送りました。

そんな中のお一人から先ほどメールをいただきまして。

秋田にお住いの女性ですが、今年はいろいろとカラダの不調が続いていて相当自信を無くされて不安になられていたようで・・・

でもワタシのはがきのこの一文を見て元気が出ましたと言っていただきました。

「生きてればいろんなことが起こり、疲れ、痛み、崩れます。ですが同じように、生きてればかならず回復し、治り、まとまります。」

これは当たり前のことではあると思いますが、自分を見失ってしまったときにはそれが見えなくなってしまって、果てしなくその不安と恐れの中で翻弄されてしまう。

命の灯が本当に消えてゆくときはたしかにこの限りではないけれども、生きたい、という意思があるのであればそれは必ず作用するとワタシは思っています。

ですのでこのメールをいただいただけでもご挨拶を送った甲斐があったと思いました。

そしてみなさんホントに事故には気を付けて。

ワタシみたいに気を付けてても悪くなくても事故に遭うことはありますが、それでもできる範囲では十分気を付けてください。

そしていまだに私のスクーターは手元に戻ってきておりません・・・(笑)

事故から3か月たってようやくここにきて具体的な話になってきてますが・・・

これはもう相手の保険屋が使えなさすぎることが原因ですが、事故はとにかく

「めんどくさい」です。

体が無事なのはまだよかったですが、後処理が死ぬほど手間がかかる。

そしてこの手の保険屋は基本的に自社の利益を第一に考えるものであるというのが基本ラインです。

「迷惑をかけて申し訳ないから迅速に最大限の対応をしよう」などと思っておりません。

まあ同じような目に遭ったら相談してもらえればいろいろアドバイスできますのでご遠慮なく(笑)

そんないろいろありすぎた今年もあと少し。

みなさんラスト頑張っていい酒飲みましょう。

また書きます。