いつから人の家のことにアカの他人が本気で怒るようになったのか

どもコイケタロウです。

最近特に芸能界で不倫が大流行り・・・というか、報道されるから流行ってるように見えますけど、たぶんどこでもそんなもんはずっとあって、それに対して当事者が目くじら立てる分には当然だけど、なんもカンケーない一般人が烈火のごとく怒り散らしてるのはどうしたもんなのかと思うこの頃なんですが・・・

3年前奥さんがやらかした出来事が原因で旦那さんが自ら世を去ったことに対してなんだか今さらワーワー騒いでる。

恐ろしいのはもう故人になっているその旦那さんのブログに対してわざわざ「辛かったんだよね・・・」と最近コメントしてる人が多数いると聞く。

奥さんの相手だった男性のSNSにもわざわざ「オマエは最低、死ね」的なコメントをする人が引きも切らないとも聞く。

奥さんの方はこの件で無期限で仕事を休業するらしく。

CMではさすがに使えないかもしれないけど、直接メディアに出ないところなら需要があるならまた復帰してがんばればいいと思うし、実際そうでなければ飯食っていけない。

まあそんなとこまで心配することでもないから人んちのことに口挟んでるのは私も同じかもしれないけど(笑)

すべてはイメージであって、ビートたけしに愛人がいたって誰も何も言わないし梅沢冨美男が不倫したって笑い話ですんで松方弘樹が嫁さん乗り換えたってしょうがないなのに、ベッキーやSPEEDなんかが同じことやるとタコ殴りってことなわけです。

世に顔が出る仕事だから、とかいうけど、男でも女でも芸能人でも一般人でもやってることは一緒なんですけど、わざわざ時間使って人んちのことを怒る人がなんでまたこんなに多いご時世なんでしょうねぇ・・・

SNSも善し悪しで、あれニュースでもコメントするとそれに賛同する人が「いいね」みたいな意思表示できるんですよね。

またそれ目当てでコメントしてるような人もたくさんいて。

だから結局ぜんぶ単なるヒマつぶしでしかないんだろうな、というか。

それに企業もメディアも右往左往して収縮していってるのが今の風潮のようですが。

ちゃんとする、って結構大変だと思います。

そんなにいないですよ、ちゃんとしてる人って(ワタシも含めて 笑)

良くないことではあるけどやってしまったもんは仕方がないし、謝るべきところにすぐ謝って、迷惑かけないようにこれからはやりますんでって言うなら、そうかじゃあこっからがんばれよ、ってならないんすかねぇ・・・

赦す、というのは、赦されたことがある人が出来ることでもあると思うんですね。

赦されたことがある、というのは、赦されないことをしたことがある、ということで。

いわゆる人生的には「失敗」ということですが、失敗はその対価を払って赦されればまた挑むことができる。

そうやって何度も失敗して対価を払って赦されてまた挑んでわかっていく以外に、人が成長する方法なんてないと思うんです。

そして赦された人はまたほかの人を赦すことができる。

もう少しそういう考えをする人が多くなればいいのになと思うんですけどね最近。

まあとりあえず、人んちのことでカンケーないアンタがガタガタ言うんじゃねぇよ、とワタシは思います(笑)